日本初の「3D積層造形によるモノづくりプロセスのモデル化」成果発表会(第2弾)

~中小企業8社の検証結果発表、「日本のAMの発展」を語るパネルディスカッション~

近畿経済産業局が展開する「Kansai-3D実用化プロジェクト」では、全国38社のモデル企業を対象に、国内外の3Dプリンタ関連企業35社等の協力のもと、3D製造プロセスに必要なデザイン・設計、3D造形、評価までのプロセスの導入検証を支援する日本初の取組を実施しました。

今回、3月の第1弾の成果発表会に続き、第2弾として38社のうち、コロナ禍で迫られる変革をチャンスと捉えて、様々な分野において新たなモノづくりに挑戦するモデル中小企業8社の検証結果の発表を行います。
後半には、「日本のAM(Aditive Manufacturing)の発展」と題してパネルディスカッションも開催いたしますので是非ともご参加をお願い致します。

 開催概要

日  時: 2021年5月17日(月) 13:00~16:30
主  催: 近畿経済産業局
協  力: 3Dものづくり普及促進会、協力企業35社、協力支援機関6機関
開催方法: オンライン:[Youtube(事前登録制)]での配信

 セミナーお申込み・お問い合わせ

正会員企業

  • 株式会社立花エレテック
  • 丸紅情報システムズ
  • 株式会社松浦機械製作所
  • 株式会社J・3D
  • 協栄産業株式会社
  • オリックス・レンテック株式会社
  • ジェービーエム株式会社
  • DMG森精機株式会社