日本初「3D積層造形によるモノづくりプロセスのモデル化」成果発表会

~ 大手5社、中小企業4社が検証結果を発表(第1弾)~

近畿経済産業局が展開する「Kansai-3D 実用化プロジェクト」では、株式会社立花エレテックを事務局として、全国38社のモデル企業を対象に、国内外の3Dプリンタ関連企業27社等の協力のもと、3D製造プロセスに必要なデザイン・設計、3D造形、評価までのプロセスの導入検証を支援する日本初の取組を実施しました。

今回38社のうち、コロナ禍で迫られる変革をチャンスと捉えて、様々な分野において新たなモノづくりに挑戦するモデル企業9社(大企業5社、中小企業4社)が、独自の目的をもって挑戦した3D製造プロセス検証の検証結果を発表します。
また、会場において各社が検証した3D造形物や協力企業等の展示を行うとともに、DMG森精機㈱の特別講演もございますので、是非、ご参加下さい。

 開催概要

日  時: 2021年3月15日(月) 13:00~16:35
会  場: 大阪工業大学 梅田キャンパス 3階常翔ホール [アクセス]
(大阪府大阪市北区茶屋町1番45号)
開催方法:
<会場参加の申し込み>
定員:先着95名(コロナ対策のため定員570名席を95名に限定)
※会場参加は、定員になり次第締め切りますので、その後は、オンラインのみ参加登録となります。
<オンライン参加の申し込み>
[Youtube(事前登録制)]での同時配信

 内容

▼ PDF版資料をダウンロードできます ▼

 セミナーお申込み・お問い合わせ

オンライン参加の場合はお申込み後の自動返信メールに記載されておりますURLよりご参加ください。

正会員企業

  • 株式会社立花エレテック
  • 丸紅情報システムズ
  • 株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ
  • 株式会社松浦機械製作所
  • 株式会社J・3D
  • 協栄産業株式会社
  • オリックス・レンテック株式会社
  • ジェービーエム株式会社
  • DMG森精機株式会社